サイトマップ
TOP
TOPICS
JACDとは?
役員紹介  
方針
活動実績
会員名簿
書籍紹介  
筒井塾のご案内  
LINK  
お問い合わせ  
コース詳細

5.歯科衛生士コース(全1日・定員なし)

講師 筒井照子
受講資格 歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、歯科医師
開催日 大阪と東京で隔年行う予定です。
時 間 10:00〜17:00

 

福岡歯科衛生士コース

日時 2010年11月21日
会場 天神クリスタルビル
〒810-0074 福岡県福岡市中央区天神4-6-7 Tel:092-733-2681

 

東京歯科衛生士コース

日時 2011年2月13日
会場 株式会社ヨシダ東京本社
〒110-8507 東京都台東区上野7-6-9 Tel:03-3845-2911

 

力のコーディネーターになりましょう
−ベーシックな力のコントロールは衛生士さんの仕事です−

 

■あなたは、どれほど咬合の問題を理解していますか?

咬合は歯科医療の根幹です。患者さんの保健指導、予防ケア、メインテナンスを担当する歯科衛生士のあなたは、どれほど咬合の問題を理解していますか?

 無理もないのです。いくつもの咬合理論がありますが、咬合の治療については、理論通りに行ったとしてもその通りに治っていくものではなく、咬合の問題は長く混乱のなかにありました。

 

■〈モノ〉をつくる咬合理論と患者さんのかみ合わせの違い

補綴物という〈モノ〉をつくるための咬合理論では、生体を咬合器に、歯列を石膏に置き換え、咬合器で再現できる限界運動に注目して理論を組み立ててきました。

しかし、それだけでは日々変化する生体の咬合はみえないのです。歯科衛生士が診なければならないのは、生きて変化する患者さんのかみ合わせです。私は、元々、咬合の専門家ではありません。矯正歯科医です。筒井昌秀と包括的な歯科臨床に取り組んできました。そこでプロビジョナルレストレーションによる試行錯誤と長期間の経過観察をすることから補綴専門家にはなかった柔軟な考え方が生まれました。

 

■プラークコントロールとならぶ力のコントロール

歯や骨は持続的な弱い力で移動します。従ってよくない生活習慣でも咬合を壊してしまいます。歯科衛生士がプラークコントロールに力を発揮しながら力のコントロールに、興味を示さないままでいることは、大きな損失です。患者さん固有の生活習慣を理解し、悪習癖を改善するモチベーションを与え、顎や歯列を壊さないための力のコントロールをすることはプラークコントロールと同じ衛生士さんの仕事です。

  さあ、あなたも力のコントロールを身につけて患者さんと喜びを分かち合いましょう。
申込書PDFはこちら>>
 
TOPICS | JACDとは? | 役員紹介 | 方針 | 活動スケジュール | 会員名簿 | 書籍紹介 | 筒井塾のご案内 | LINK | お問い合わせ | TOP